ルネッサンス リゾート オキナワ

テンペスト放映記念 琉球漆器編

 こんにちわ

NHK BS時代劇で「テンペスト」の放映が始まりました
皆さんは第一回見ましたか
コチラは公式HPです
http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/tempest/


今回はテンペスト放映記念として、琉球王朝時代からの伝統工芸品
ご紹介したいと思います


その前に・・・
「テンペスト」とは何かご存じでしょうか
まず最初に浮かぶのが、かの有名なシェイクスピアの最後と言われてる作品かも
しれませんね

今回のNHKの「テンペスト」
池上永一さんの小説「テンペスト」を原作としております
19世紀の琉球王国での日に生まれた女性が主人公になっています

そうなんです
「テンペスト」(英語)は日本語訳すると「嵐」と言う意味なんです
長々とドラマの話をしてもなんですので・・・



琉球王国の伝統工芸品「琉球漆器」をご紹介します
ご存じの方も沢山いらっしゃるでしょうが、「琉球漆器」は14〜15世紀頃に
中国から伝わりました
DSC_0162.jpg

そして16世紀頃に、首里王府では「貝摺(かいずり)奉行所」を設けて
琉球漆器の発展に力を注いだそうです
そして18世紀になると最盛期をむかえて、多くの加飾技法が確立されたみたいです
こちらはご存じ首里城&守礼門
15s.jpg04s.jpg


細かく書くと永遠長くなりそうなので・・・
琉球漆器の歴史については、機会を見つけて近々アップします


今日は加飾技法のひとつ「螺鈿(らでん)」をご紹介

「螺鈿」とは、貝などの虹色に輝く部分を薄く磨き、様々な模様に切りぬいて
貼り付ける技法なんです
こちらがそれ
tondabun-1.jpg

きれいですねぇ
これは、宮廷料理「五段のお取持」(ぐだんぬぅうとぅいむち)の料理の一つで、それを盛りつける蓋付きの盆のこと
今でいう琉球料理の前菜とそれを盛り付ける器の事を言います
これらの漆器の写真は、琉球漆器の老舗「角萬漆器」さんのWebサイトより転載させていただきました。
もっと漆器を見たい方はこちらから見てくださいねっ!
http://www.kakuman.net 

話は少しそれてしましましたがっ
この「螺鈿」につかわれていた貝が・・・
前にもご紹介した「夜光貝」なんです
夜行貝 単品.jpg

この貝の内側から、アワビより上質な「螺鈿」が取れるのです
そして、この夜光貝は沖縄で沢山とれるのです

気候もそうですが、まさに琉球は漆器を作るのに最適な土地だったんですね


また近々琉球漆器についてはこのブログでご紹介してみたいと思います
次回は「紅型」についてのお話をします
乞うご期待


ちなみに・・・
この綺麗な琉球漆器で琉球料理を食べられるレストランが
ルネッサンスにもあるんです
日本料理「彩」です

琉球王朝時代をイメージしてつくられた個室で食べる「琉球懐石」
素敵なひとときを過ごせること間違いなしっ
前日18:00までの予約制ですが、季節ごとに変わる伝統的な琉球料理を
ご堪能頂けます

詳しくはコチラ
http://www.renaissance-okinawa.com/restaurant/irodori/dinner05.html?6


夜光貝は、琉球炭火焼「海風」で食べられます
http://www.renaissance-okinawa.com/restaurant/umikaji/infomation.html?4


皆さんもテンペストを見て、琉球王国に思いを馳せてお越し下さい
  • posted by RENAISSANCE
  • 2011.07.20 Wednesday 12:52
  • -
  • -


DateYear
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Navigation

Recent Entries

profile


レストランフォーシーズン
東シナ海を一望する、
ルネッサンス リゾート オキナワの
エレガントな本格ダイニング。
お客様とふれあいや最新情報など、
最も旬な話題をスタッフが
日記風に紹介いたします。

Monthly Archives

Search

ブログを検索: